(自立)生活訓練ー裁縫

自立訓練は、“生活訓練”が要になります。

今回は『裁縫』の訓練についてご紹介します。

 

4月から加わった新メンバーさんのほとんどの人が、「久しぶりに”針と糸”を持ちました」とのこと。

自分たちの着ている服がほつれた時はどうしてる?

服に穴があいたとき、ボタンがとれてしまった時は?

 

「・・・・」

 

誰も答えられません。

そういえば、そんな時ってどうしてるかな?それさえも普段考えたこともない様子でした。

針に糸を通すこともみんなには至難の業!なかにはサッと通す人も。

針に糸を通し、端を玉結びする。

縫い方は、まずは波縫い。そして玉止め。少しずつ出来ることを増やしていきましょう。

 

前回からみなさん雑巾を縫っています。一人一人見てみると、個性がでていますね~。

 

針を持つとみんな真剣です。目印につけた線にそって慎重に縫っていきます。

全員が集中して黙々と縫い続けています…

今日はこんな方もいましたよ。

自分の愛用していた定期入れの『うりぼー』のチャックのところが壊れてかわいそうな事に…

支援員に指導をうけながら“かがり縫い”をし、チクチクと縫っていくことができました。

みごと『うりぼー』は復活しました。

「上手く出来てよかったです!洗濯してきれいにします」と良い笑顔を見せてくれました。

 

裁縫の訓練では、勢いあまって針で指を刺すなんてこともあります。もちろん自分の不注意ですが、注意力をつけ、意識をもって取り組むには失敗も良い経験となります。

もちろん、大きな怪我とならないよう細心の注意を払いながら、みなさんの成長を見守り、サポートしていきます。

さぁ、つぎは何を作りましょうか。楽しみです。

お問い合わせContact

お電話でのお問い合わせ

  • 就労移行079-289-5246
  • 自立訓練079-280-8400

【受付】いずれも平日9:00~17:00