(自立訓練Step)並行作業の難しさ

並行作業。

並行作業ってなんでしょう?

 

朝起きると食卓に朝ご飯が並んでいます。

炊き立てのご飯。お味噌汁。鮭の塩焼き、目玉焼き。

お母さんは(お父さんの場合もあるでしょうが)どういう手順で朝ご飯を作ったでしょう?

 

お米を研いでご飯を炊く。

おなべにお湯を沸かして、お豆腐を切って入れ、ワカメを入れて、お味噌を入れる。

鮭に塩を振って、グリルで焼く。

フライパンに油をしいて、目玉焼きを作る。

こんなふうに、ひとつひとつを順番に作っていたら、ものすごく時間が掛かってしまいますね。

めちゃめちゃ早くから起きて作らないといけないです。

 

さて、実際にはどうしているでしょう。

おなべでお湯を沸かしている間に、鮭に塩を振ってグリルに入れ、鮭が焼ける間にフライパンに卵を割り入れる。

フライパンにふたをしたら、鮭が焦げていないか確認して、お湯が沸騰していたら豆腐を切って入れる。

鮭をひっくり返したら、目玉焼きを皿に移して、なべにワカメを入れる。

なべの火を消してお味噌を溶いたら、鮭を皿に移して、ご飯とお味噌汁をよそって出来上がり。

これが並行作業です。

何かをしながら、他のことをする。これが難しい。

 

自立訓練Stepでは、毎日調理実習を繰り返していますが、作る品数が増えると格段に難しくなります。

調理にずいぶん慣れてきた人でも、時間内に2つのことをするのは難しいですね。

毎日当たり前にやっているお母さんを尊敬してしまいます。

継続は力なり! がんばっていきましょう。

 

お問い合わせContact

お電話でのお問い合わせ

  • 就労移行079-289-5246
  • 自立訓練079-280-8400

【受付】いずれも平日9:00~17:00